本文へスキップ

R&B特許事務所は事業に応じた知財戦略を提供する新しいスタイルの特許事務所です。

TEL. 03-6264-0682

東京都港区東新橋2-9-6 汐留ファースト801号

知財トータルサポートTORTAL SUPPORT SERVICES

社員教育

○○○○○○○○イメージ  知的財産を開発に活かしたい、知的財産部員のレベル向上を図りたいといったご要望にお応えします。
 中国や韓国では、日本で公開されている特許公報を読み、日本企業をまねることで技術水準を著しく向上させ、日本の市場を切り崩してきています!!そうです、特許公報は情報源として非常に有用なのです。貴方の会社でも、情報として特許公報を活用してみませんか? 特許検索の方法、明細書の読み方及び解釈の仕方など、社員さんのレベルや技術分野に応じて教育致します。
 また、現在、特許の質を向上させる必要が叫ばれていますが、知的財産部員のレベルが向上しない限り、これを成し遂げることはできません。明細書の書き方、明細書のチェックポイント、日本及び諸外国の特許法や審査基準の解説など、社員さんのレベルや技術分野に応じて教育致します。



知財を活用した開発サポート

○○○○○○○○イメージ  新規事業を始めたい、既存事業をてこ入れしたい。
 こんなときに利用すべきは情報としての特許公報です。
 せっかく良い製品を開発しても、他社に特許権を取得されていたのでは実施できません。また、特許公報には他者製品の技術情報が詰まっています。開発を成功させるためには、他社製品のコンセプトを理解し、参考にしつつ、他社の特許権の範囲から外れるように製品設計を行っていくことが近道となります。
 弊所では、事業や開発製品についての特許調査を行い、他社が有する特許権の一覧を作成致します。これにより、予め他社が保有する特許権を意識して外すように製品開発を実行することが可能となります。さらに、弊所では、他社の特許公報を分かりやすく解説すると共に、他社製品の開発コンセプトを抽出致します。これをヒントにして貴社の製品開発に活用して頂くことにより、開発のスピードアップを実現するこ
とがが可能となります。



先使用権の担保

○○○○○○○○イメージ  他社が特許権を取得した場合であっても、他社の特許出願よりも先に貴社が発明を使用していた場合には、「先使用権」という権利が認められ、貴社の発明の利用が担保されます。しかしながら、もし訴えられた場合には、他社の特許出願よりも先に貴社が発明を使用していたことを証明しなければなりません。
 これには、量産試作を行っていたことを証明する書類や、製品の出荷伝票などの帳票類などを保存しておく必要があります。もちろん、特許権の存続期間は20年と長いので、これらの帳票類は経理上の保存期間よりも長く保存する必要が生じます。
 また、「確定日付」といって、所定の書類がその日付に存在していたことを公証役場に証明してもらうという方法もあります。特許出願をせずにノウハウ秘蔵を決定した場合には、「確定日付」をとっておくと安心です。
 どの帳票類を保存しておく必要があるか、「確定日付」をとるためにはどうしたら良いかをお手伝いします。



知的財産部の代行サービス

○○○○○○○○イメージ 特許権が大事なのはわかるけど、人を配置する余裕がない、又は知的財産業務を行えるだけの知識を有する人材がいない。こんなとき、弊所が貴社の知的財産部の代行を行います。定期的に貴社を訪問し、発明発掘から知財戦略の提案まで、知的財産部門として行うべき全ての業務を代行致します。もちろん、知的財産業務を行える人材育成のお手伝いもさせて頂きます。。




料金体系(顧問契約)

 事業を理解しなければ、本当に重要な権利を効果的に取得することはできません。そこで、弊所では、顧問契約を結び、定期的に貴社にご訪問しながら相談することをオススメしております。1回の定期訪問あたり、1−2時間のご面談となります。 契約は1年から、別途消費税を頂きます。
 作業内容などにより、契約内容を変更することが可能です。メール対応のみの簡単なご相談なら、月額3,000円〜の契約が可能です。
 お気軽にお問い合わせください。
<顧問契約の一例>

バナースペース

R&B特許事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-9-6 
汐留ファースト801号

TEL 03-6264-0682
FAX 03-6264-0683
PHS 070-6554-2005
info@rbpat.com

CEO style magazine SUPER CEO

   SUPERCEO掲載記事です。

(株)R&Bディベロップメントへ

   賢者のコラム掲載記事です。